アパート経営は区分所有のマンション経営と比べると、空室リスクを低減できるのが特徴です。全室空室となる可能性は低いのが理由ですが、その空室率を下げることで収益性を高めることになります。そのために必要なことは、立地選びと適切なリフォームです。まず立地選びで大事なことは、賃貸需要が多いことと競合となる物件が少ないことです。さらに適切なリフォームとは、時代の流れに応じた間取りや内装、設備を考慮することになります。これらの条件がうまく噛み合うことによって、長く安定した収入源として保有できるわけです。そのためにはまず、どのような立地で購入するのかを検討することが必要となります。不動産業者に頼んで、周辺の賃貸物件について調べることが必要となります。

賃貸需要を確保するための工夫とは

アパート経営にはいかに賃貸需要があるかが必要です。そのためには、まず周辺の賃貸物件に関する情報を集める必要があります。アパートとマンションでは家賃単価が異なるので、アパートがどの程度存在するかがポイントになります。古い住宅が密集するようなエリアならば、取り壊して新たにアパートを建設する可能性があります。逆に新しい住宅が多い場所であれば、競合となるアパートの建設は少ないと考えられます。そのような情報を元にして、場所選びを行うことが大切です。さらに単身者かファミリー層か、対象となる賃借人の種類によっても場所選びが左右されます。単身者であればコンビニやドラッグストアが近いと需要も多いものです。ファミリー層ならば安いスーパーや子供を預ける施設があることが必要となります。

収入源を確保したアパート経営について

収入源を確保したアパート経営には、適切なメンテナンスが必要になります。できる限り経費は削減したいと考えるオーナーが多いものですが、アパートは木造となるために劣化が早いものです。そのために早期に補修を行い、住みやすさを維持することが必要となります。また築年数が経過することで、賃借人が求める間取りや設備は変わっていきます。そのような流れをつかんで、リフォームを行うことも大事です。常に賃借人に求められる居住性を提供することで、安定した収入源とすることができます。また周辺の物件を調査して、どのような設備を備えているのかをチェックすることも役立ちます。他の物件には無い魅力を備えることによって、安定した需要を確保することができます。このように常に情報収集を行うのも大事なポイントと言えます。

独自の防音システムを採用しているので、騒音トラブルによる退去での家賃収入減を事前に回避できます。 当社は【土地が無くてもできるアパート経営】をご提案しております。 アパート内覧会は定期的に開催しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 特許を取得したキソゴム採用したことで、地震による建物の大幅に軽減し、倒壊リスクを避けます。 アパート経営で安定した収入を